se acabo

アクセスカウンタ

zoom RSS それでも冷静になれなかった時は

<<   作成日時 : 2005/04/20 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「算術師の、何だかそんなもの。」「冷静になる為に考えること(劇薬入り)」というエントリが書かれていた。劇薬入りと注釈されているだけあってなかなか容赦ない。個人的に思い当たるふしもある。自分もたぶん自己顕示欲は強めだし語り口にかちんと来ることはあるし書き捨てコメントには腹が立つ。どれも冷静さを欠くに十分な要件だ。
当該エントリを強引にまとめてしまうと、「いかに自分が自分を客観視できていないかを自覚しろ」ということだろう。常日頃からこのように自戒していれば、勢い余って大失敗ということは減るに違いない。でも、それでも頭に血が上りっぱなしのまま止まらずに文章を書いてしまった、ということは起こりえる。そうなったとき、最後にとり得る単純な方法が一つある。

寝ることである。

残された最後の自制心を発揮して、書いた文章をアップ(送信)しない。一晩寝て、きのう書いた文章だけをまず読む。普通に書いた文章でも、一日たって読むと粗が目立つことはよくある。ましてや冷静さを欠いたまま書いたものにおいておや。「なんで自分はこんなに怒ってたんだろう」と思いそのまま消してしまってもおかしくない。おかしくない、というかそういう経験は実は何度もある。

それでも怒りがおさまらず、そのままアップ(送信)することによるリスクを考えてもなお抑えが効かないとき。そのときは自分の怒りに殉じるのもありだろう。その結果ひどい目にあわなければそれでよし、ひどい目にあったとしてそれはそれ。次の機会への抑制効果につながるなら、それも一つの経験だろうし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM 通販
それでも冷静になれなかった時は se acabo/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 21:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでも冷静になれなかった時は se acabo/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる