アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「小説」のブログ記事

みんなの「小説」ブログ

タイトル 日 時
「さよなら妖精」について 〜あるいはマーヤのこと〜(その2)
注意:このエントリには「さよなら妖精」についてのネタバレ情報が多数含まれており、これから読もうとしている、あるいはいま現在読書中の方が読まれた場合、著しく興を削ぐ可能性があります。そうならぬよう、ただちにこのエントリを閉じていただければと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/04/11 16:39
「さよなら妖精」について 〜あるいはマーヤのこと〜(その1)
注意:このエントリには「さよなら妖精」についてのネタバレ情報が多数含まれており、これから読もうとしている、あるいはいま現在読書中の方が読まれた場合、著しく興を削ぐ可能性があります。そうならぬよう、ただちにこのエントリを閉じていただければと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/04/11 16:35
「さよなら妖精」を読んだあと(その3)
4/10(日) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/11 16:34
「さよなら妖精」を読んだあと(その2)
4/4(月) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/04/11 16:34
「さよなら妖精」を読んだあと(その1)
整理されてない自分の感情や思考をそのままwebに垂れ流すのはあまり好きではないが、今回は試しに、という言い訳でやってみることにする。読書日記というよりは自己観察日記に近くなるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/04/11 16:32
萌え萌えUMAハンター
最近までちゃんぽんで読んでいた「GOTHIC」と「よくわかる現代魔法」はどちらも主要登場女性が十代だった。合間に読んだTRPGリプレイの「ユエル・サーガ・リプレイ」もそうだし、ちゃんぽん以前の「悪魔のミカタ」シリーズもだし、「スターシップ・オペレーターズ」(注:文庫の方)も過半がそうだし、「ナツメ」もそうだ。リタ・ヴラタスキはいささか年齢不詳だが、リタ大先生がどうであれ大半が十代なのに変わりはない。これはいけない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/02/26 01:11
屁こきトライアングル
桜坂洋と桜庭一樹を交互に読んでいて、桜坂洋ばかりネタにするのも不公平なので。 シリーズ4作目「GOTHIC IV」、主人公コンビ(ヴィクトリカ&久城一弥)とサブヒロイン(アブリル)が初めて一堂に会する場面がある。普通に書けば腹のさぐり合いとかジャブの応酬とか一気に意気投合とか、いろいろ盛り上がる場面なのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/02/06 14:21
三たび桜坂洋
「ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ」を読み終わり、出て間もないシリーズ4作目「jini使い」にとりかかったのだが。読み始めて3ページ目、登場人物のひとりのセリフ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 52 / コメント 2

2005/02/05 15:04
十分の一の詫び
2日前に桜坂洋「よくわかる現代魔法 ガーベージコレクター」の後書きについて書いたら、今日読み終えた同シリーズ「ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ」の後書きにこんなことが書いてあった。 下手をするとエンドマークの前にあとがきができている。十人にひとりくらいの割合で本文よりおもしろいとか言いやがってわたしを憤慨させるこのあとがきだ。くそう。おぼえておれ。 すまんかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/02/01 23:16
ガーベージコレクターの後書き
このところ桜坂洋と桜庭一樹をちゃんぽんで読む日々。 きょう桜坂洋「よくわかる現代魔法」2巻目(ガーベージコレクター)を読了。ページめくってあとがきに爆笑。思わず引用。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 41 / コメント 2

2005/01/30 16:37
ツッコみながら本を読む
「ALL YOU NEED IS KILL」がよかったので、同作者(桜坂洋)の残作品3つを購入。1作め「よくわかる現代魔法」から読み始めたら、タイトルから受ける印象に相違して登場人物の発言にプログラミング周辺の用語が頻発。小説としてはかなり間違いは少ない方だが、やはり微妙に微妙なところがところどころ。そのうえ微妙ではないが微妙な発言もあり、いちいちツッコむ羽目に。 「よくわかるアセンブラ、という本なのだけど……ちっともよくわからなくて」 そんな本は売ってねえ。 「こんなところで死ぬのはスペ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 79 / コメント 2

2005/01/23 21:41

トップへ | みんなの「小説」ブログ

se acabo 小説のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる