アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「独り言」のブログ記事

みんなの「独り言」ブログ

タイトル 日 時
ちゆ12歳が更新されていた
少し安心した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 451 / コメント 500

2005/05/04 21:59
「勘と経験」の時代の終わり
なぜ祈りの次に行なうのが「原因究明から責任追及」なのか(R30::マーケティング社会時評「JR事故が経営者の責任じゃないならいったい誰の責任だというのか」)。いくら考えても理解できない、というより共感できない。原因究明の次に必要なのは何を措いても再発防止じゃないのか。 今回のような事故のあとでは経営者が責任を取るのが一般的だとは思うが、それより同様の事故が再発しないことのほうが100倍大事だ。再発防止のうえで経営陣が交代したほうがいいならそうしてほしいし、今の経営陣のままのほうがいい(あるいは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 27 / コメント 169

2005/04/29 20:28
生者への祈り
Webの至る所で、福知山線脱線事故の犠牲者の冥福を祈る記述を見る。祈りの効力はもっぱら生者に及び、主に祈る当事者、それからときには遺族や犠牲者と親しい者が、その祈りによりいくばくかの平安を得る。むろん祈る者がそのときにそのことを自覚する必要はない。見知らぬ者をただ祈る気持ちは尊いと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/26 23:50
それでも冷静になれなかった時は
「算術師の、何だかそんなもの。」に「冷静になる為に考えること(劇薬入り)」というエントリが書かれていた。劇薬入りと注釈されているだけあってなかなか容赦ない。個人的に思い当たるふしもある。自分もたぶん自己顕示欲は強めだし語り口にかちんと来ることはあるし書き捨てコメントには腹が立つ。どれも冷静さを欠くに十分な要件だ。 当該エントリを強引にまとめてしまうと、「いかに自分が自分を客観視できていないかを自覚しろ」ということだろう。常日頃からこのように自戒していれば、勢い余って大失敗ということは減るに違い... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/04/20 00:36
「ちゆ12歳」陰謀論の腹立たしさ
4周目に突入しやがった「CROSS†CHANNEL」に翻弄され、年度末繁忙期でへろへろになって、寝る前に巡回するだけのつもりでネットを回っていたところ、「ラブラブドキュンパックリコ」の「ちゆ12歳というビジネス」を読み解くためのキーワード」で陰謀論の存在を知りひっくり返るほど驚く。な、なんだってー!? 勢いにまかせてリンク先を回る。こことかこことかこことか。わあ旗旗でまで。 ふむふむなるほど。ちゆ12歳はおたくネタの中に朝日叩きや右派思想を取り混ぜていると。それによりネットジャンキーな読者を... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1419 / コメント 500

2005/03/27 00:10
物語に捕まるとき
「CROSS†CHANNEL」という2003年発売の18禁ゲームを始めた。コロコロザイーガで誉めていたからだ。それだけで買うほど度胸はないので、PS2版がソフトレビューで高評価なのも確かめておいた。 それでも外れはある程度覚悟の上だ。どんなジャンルでも、どんなに他人の評価が高くても、自分に合わないことはある。外れが怖くて新規開拓などできない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 584 / コメント 500

2005/03/21 03:19
家主を罵る恩知らず
昨日書いたエントリで、このblogで初めて表組み(tableエレメント)を使ってみた。エディタでhtml編集して本文欄に張り付け、とりあえずプレビュー。…なんで行がこんなに間延びしているのだ。 不審に思い、ソースを表示させて驚いた。</tr>の後ろに全部<br />が… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 44 / コメント 500

2005/03/15 23:37
杞憂であればよいと思う
rir6さんに続いて、deadletterさんからもトラックバックをいただいた。もろに風邪を引いてしまったという個人的な理由で、リプライが大変遅れてしまったことをまずお詫びしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/13 01:46
やはり自分の首を絞めはしないか(その2)
前のエントリからの続き。 次に前エントリで分割したうちの3について。これは本筋ではないが反論しておきたいので反論する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 2

2005/03/09 00:28
やはり自分の首を絞めはしないか(その1)
「なぜ自分の首を絞めるのか」に対して、NWatch ver.3から大変に冷静なトラックバックをいただいた。このblogのコメント欄に500文字制限があるとは知らなかったが、あってよかった。でなければ5000字のコメントを前にどうしたものかと腕組みすることになっていただろう。長文の返信はやはりトラックバックしてもらったほうが受け取りやすい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 153 / コメント 2

2005/03/09 00:23
なぜ自分の首を絞めるのか
「Dead Letter Blog」で「Hate speech は存在するか」というエントリが書かれていた。このエントリがこのblogから出てきたことに、正直驚いた。その矢がどこへ向かうか、わからないとは思えないのだが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 500 / コメント 500

2005/03/06 20:13
出来うる限りでの立ち位置確認
日刊スポーツの社会面に「見た聞いた思った」というコラム欄がある。複数の記者が日替わりで書くコラムで、始まったのは去年だったか。初期の執筆者では、犯罪変態方面得意の広部玄、いい感じにへその曲がった梅田恵子の二人の記者が書くものが面白かったが、メンバ入れ替えで今は二人とも書いていない。 入れ替わりで書き始めた中に廬載鎭(ノ・ゼジン)という記者がいる。ソウル生まれの36歳、来日16年、入社8年という経歴の人だ。今まで書かれたコラムはいささか肌に合わない感があったが、今日(2005/03/04)のもの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 1

2005/03/05 03:39
居心地のいい街と、外に広がる荒れ地
ITmediaで小寺信良氏の書いた「パソコン通信とは何だったのか」を感慨深く読んだところ、「Movable Typeとの比較検討終了」がエントリ「自由に疲れたインターネット住民」で取り上げていた。このふたつを読んで思ったことを雑然と書いてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/02/24 01:34
トラックバック/コメントではないブログの効用
極東ブログの「2プラス2で何が起きていたのか」がとてもおもしろい。ここで自分で感じた「おもしろい」を自分なりに分析すると、新聞やテレビでは諸般の事情により掲載されない、かつ一定以上に堅牢な内容の記事が読めることに対する、知的興奮及び状況に対する興奮だろう。 むろん、当該エントリは自分にとってどこの誰ともしれぬ人が書いたものである。だがそんなことを言えば、新聞記事だってどこの誰ともしれぬ記者が、どこから発生したともわからぬ諸般の事情の縛りの中で書いたものだ。だから自分は新聞記事を読むのと同様のス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/02/20 13:57
無謬性を求めるな
「内田樹の研究室」の「原因」という物語を読んだ。寝屋川市の今回の事件で、教育委員会や学校が事件を防げなかったことに怒っている保護者が複数いるらしい。子どもを学校に通わせる親が頭に血をのぼらせるのは、まあ理解できないわけでない。 学校に侵入した者が人を殺す。その学校(教師)と教委が管理責任を問われる。では管理責任を果たすため、学校(教師)と教委はどんな手段をとり得るか、考えてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 500 / コメント 500

2005/02/18 01:31
磨くのが無駄とは言わないけど
「月ナル者」の「影響力のあるブロガーは慎んだ言動をとれという声が上がる件について」を読んで。概ねもっともだし肯ける内容なのだが、「メディアリテラシを磨くことを促すほうが建設的なのでは」という部分だけ引っかかったので、それについて書いてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 80 / コメント 26

2005/02/16 00:54
いつか見た光景
こんな光景を憶えている。テレビで見たのかもしれない。映画かもしれない。あるいはむかし読んだ小説の一場面かもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/02/15 01:16
もっといろいろ書いてほしい、けど
「jini使い」を読み終え、「GOTHIC」/「よくわかる現代魔法」の交互読みは一段落。桜庭一樹の既刊分が宿題として残っているとか、jini使いの最後全然終わってねえよすごいところで続きだなおい、とかあるが、それはさておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/13 15:56
あるネットワーカーの死と、その弔辞
「Perish the thought!」に 「最近は気にいらないサイト(ブログ)はその存在を消すまで叩くという傾向があるようで、さらに身元まで調べられたりするのが正直怖かったりする」 と書いてあるのを読み、「それは最近ではなく昔からで、例えばこのサイトのこのへんを読むと…」とコメントしようかなと思っていた。そのサイト「The Battle Watcher」が閉鎖したのを、「ARTIFACT@ハテナ系」で知った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/02/04 23:45
ジャストシステムからメールが来た
【重要なお知らせ:一太郎・花子に関する報道につきまして】というタイトル。要約すると「心配かけてごめん、大丈夫だから」という内容。一太郎も花子も使ってないATOK Xユーザなので謝られても。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/02 22:12
ねこ3回分の人生
ゆずの死と16歳という享年について考えているうちに、こんなことを思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2005/02/02 00:30
つまりは均質化していくことへの苛立ち
「R30::マーケティング社会時評」の「首都大学東京に思う、大学は何する所ぞ」と「クビ大なんてマジでどうでもいい」を読む。書いていることは正しい、でも引っかかる。トラックバックしている「MovableTypeとの比較検討終了」の「クビダイ論争はどうでもいいから公立大学と税金について語ろう」も読む。すっきりしない。さらに「SMCN open 乾門」の「大学が好きなんだからしょうがないじゃない」を読みあちこちブログをさまよううちに引っかかりの原因が分かった気がする。ので書く。 トラックバック打ちま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/02/01 01:40
あたっても嬉しくもない予測
「MovableTypeとの比較検討終了」に「資本主義が追及されるということ」というエントリが。一般的に、妄想とか毒電波とか韜晦してある文章に限って内容がまともだったりするのだがそれはさておき。 書いてある内容にあえていちゃもんつけるなら、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/30 17:13
おいしいココアを作ってみる
米澤穂信「春季限定いちごタルト事件」読んでから試してみたくなり、バンホーテンの缶ココアを購入。 封を開ける前に缶を眺めていたら、裏にココアの作り方が。…そっか。ここに書いてあったのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/30 16:23
朝日の虚報を祈る理由
NHKと朝日の喧嘩は、どこかで誰かが計算間違えたのではと勘ぐるほど双方引けない状況に。朝日は前科があるうえネット上では朝日嫌いが多いせいもあり、ぐるぐる回ってるとなんとなく朝日が馬鹿やったような気になってくる。が冷静に考えるとNHKや政治家とて信用するに足る度合いは似たり寄ったりで、明確な物証が出てない現状ではまだ「どっちが正しいかわからん」と判断留保しとくのが無難だろう。 で。もし朝日の虚報であれば「またやりやがった」ということになり元々低下していた信頼がさらに地に落ちる、という話で済む。問... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/23 21:59
罵倒あたりする
よく読んでいるブログからリンクをたどったそこはマスコミ批判サイト。レッテル貼りと罵倒スタイルの文章読んで、コメント読んで、トラックバック先たどってるうちにげっそり来た。精神的ダメージ。 その思想信条にかかわらず、正しいと思うことを正しくないと思っている相手に叩きつけたときの、叩きつけられた方の心情を斟酌していない文章は、読んでてつらい。わかりやすく痛快なことは良いこととは限らない。わかりやすいということには、おおむね慎重さや丁寧さの犠牲がついて回るのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/17 23:39

トップへ | みんなの「独り言」ブログ

se acabo 独り言のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる